子どもの通学時の防犯対策グッズのおすすめの探し方

通学 防犯

近年ではさまざまなニュースがあり、ご家庭ではお子様への安全を考えると外出の折には、ご心配をされていることも多いものです。帰宅時間が少しでも遅くなると、親御さんがわざわざお迎えをされるようなご家庭も少なくありません。また学校に通っているお子さんがいらっしゃるご家庭は、さらに行動範囲も広がり、地域以外にも遠くの校区外の学校へと通学をしている場合や、受験を見据えて学校帰りに塾に通っている場合もあり、ますます帰宅が遅くなりがちです。通学ともなるとやはり毎日のことですから、少しでも安心して通えるような防犯を、親子で話し合って万全にしていきたいものです。そのためにも、お子様の通学時に利用ができる防犯の対策グッズなどもメーカーからは多く販売されていますので、ご家庭でもご検討されることをお勧めします。

電車通学のお子様には定期が防犯グッズにもなります

ご家庭によっては、お子様が通学に遠い校区外の学校へと毎日電車で通学っていることもあります。ご自宅から出て、ひとりで電車に乗って遠方への通学は、親御さんにとっても心配の種ですし、新一年生など幼いお子様の場合だと、なおさらのことです。このように電車で通う不安を解消するためにも最適な防犯グッズがありますので、お子様の成長に合わせて上手に活用することを検討してみるのも良いです。例えば、改札で定期券を利用した時に、お子様が改札口で定期を普段通りにかざすだけで、駅の自動改札機を通過したという通知が、保護者へメールなどで知らせるシステムもあります。リアルタイムでお子様の動きが分かることから、親御さんにとっても安心感がありますし、電車通学には定期が必須ですので、自然な形で常に防犯の役目にもなります。

お子様の通学での防犯意識を高めてグッズを利用する

メーカーからは様々な防犯グッズが出ていますので、お子様と防犯の大切さを話し合って、お子様に一番使いやすいグッズを探しながら、一緒に安全への対策をしていくことが重要です。昔から知られている一般的な防犯グッズとしては、ボタンを押したり紐を抜き抜いたりすると、大きなブザーの音が鳴り響いて周囲に危険を知らせたりするものがあります。不審者が音で驚いて逃げていくことで、自分の身を守れるグッズで広く利用されていますし、扱いやすい物が多いので、検討してみるのも良いです。近年では子供の安全が脅かされるニュースが多いので、よく言って聞かせて、安全への対策の意識をさせてあげるのは良いことです。もしも通学時に危険なことがあれば、それらの防犯グッズを使ってどのようにすればいいのかを、前もってご家庭で練習して慣れておくことも大切です。