子どもの通学時に防犯グッズを活用するメリットとデメリット

通学 防犯

幼稚園や保育園通っている間は、通園や習い事も保護者が送迎することが必要ですが、子どもが大きくなるにつれ、通学でも習い事でも1人で行動する機会が増えてきます。電車やバスなどを使って移動することもあるでしょう。子供の成長にともない親が送迎することにも限界がでてきます。通勤や通学は日常生活において避けようのない外出です。この避けることのできない必要な行動で、犯罪から身を守るためにはいったいどうしたら良いのでしょう。まずは子供に「防犯」に対しての正しい意識を持ってもらうことです。自衛の意識があれば、知らない人の話には耳を貸さない、なるべく明るく人通りの多い道を通るなどが身につきます。そして1人になることを避けることを考えましょう。複数で行動していると不審者も声かけにくいものだからです。

通学時に犯罪に巻き込まれないためのおすすめの防犯方法は?

大切な子供が通学時に犯罪に巻き込まれないためのおすすめの防犯方法の1つ目は、一般的にもよくつかわれている防犯ブザーを携帯することです。小学校入学時に管轄の警察署無償で配布される地域もあるようで、多くの小学生がランドセルに付けるなどして使っています。防犯ブザーは小学生だけでなく、電車で通学する中高生や大学生、通勤時の痴漢対策にも有効です。次にGPS機能の付いた携帯電話。子供の帰りが遅いときなど居場所の特定に役立ちます。公立の小中学校では構内への携帯電話の持ち込みを禁止している学校が多いので、そういった場合はGPS機能のみの端末もあります。もしもの時はセキュリティ会社に通報が入り、駆け付けてもらうことのできる見守りサポートもあります。月額料金はかかりますが、共働きなどで親がすぐに駆け付けることができない環境の場合などは、安心できるシステムではないでしょうか。

通学時の子供たちを守る防犯グッズ、メリット・デメリットは?

通学時に有効な防犯グッズには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。防犯ブザーのメリットは、携帯しやすく使い方が簡単なこと。デメリットは、緊急時ではない時に音を出して遊ぶ子も多く、いざという時に電池が切れているというようなこともあります。また、子供の力では音を止めることが困難なものもあります。子供携帯やGPS端末のメリットは、ランドセルや通学カバンに入れておくだけで、子供の居場所を特定できること。子供携帯では子供と連絡が取れるのもメリットです。デメリットは、見た目では防犯グッズと分かりづらいため、犯罪の抑止力にはならないこと。月額使用料がかかるものもあり、子供携帯は持ち込みを禁止している学校も多いことなどです。どの坊は何グッズにもメリット・デメリットがあるので、防犯グッズを購入するときは子供とよく相談し、見本品がある店舗で実際に触って確かめることが重要です。