廃棄物の種類とは

廃棄物はどうわかれるか

法律によって分類される廃棄物

日常捨てられてしまう物は多くあります。これら捨てられる物にも種類があります。法律で分類されているのです。それらは大きく2種類に分けられます。そのうちのひとつが、様々な経済活動などによって出される産業廃棄物です。産業で出される物は細かく種類分けされています。発生してしまう捨てられる物をいかに少なく抑え、再利用するかが大きな課題です。そのために「循環型社会形成推進基本法」や「家電リサイクル法」、「容器包装リサイクル法」といった法が存在しています。そして日常生活に大きく関わるもう1種類が、一般廃棄物です。ゴミをなるべく出さない、リサイクルを考える、これらのことは一般の人も考えなくてはなりません。産業に携わる人達だけではなく、一般の人達も環境を守るための意識、そのための法律を守る意識が必要です。

法律は様々な分類がある

法律は様々な分類があり、それぞれ傾向が異なるため、違いを知っておくことで理解が深まります。大きな分け方として挙げられるのが、民事、刑事です。これは、私たちの生活に深くかかわっていることなので、知っておくと良いでしょう。前者は、私人間の法律関係を規律するルールです。例えば、売買契約を結んだ時の規律が挙げられます。後者は、犯罪を犯した時にどう処分するのかを定めている規律です。これは、具体的には窃盗をすればどう扱われるのかということが挙げられます。それぞれ入門書でわかりやすく解説しているため、始めに読むのがおすすめです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 民法と法律の分類について All rights reserved