法律書籍の分類と領域

法律書籍の分類と領域について

分野ごとに分類されている

法律書籍は分野ごとに分類がされているため、それぞれどういった領域なのかを知っておくと良いです。まず、科目ごとの分けられ方があります。これは、単一の法分野ごとに分けられています。例えば、憲法、民法といった法律ごとです。ただし、これらの法も細かい分野が合って、より専門的なことが書かれているのは、そういったさらに細かい分類がされている書籍です。例えば、憲法なら自由権を専門としているもの、民法なら契約法を専門としているものなどです。さらに、そこから特定の問題に対してアプローチする本も存在していますので、調べたいことを明確にしておく必要があります。

法律の分類の仕方はいくつかある

法律の分類の仕方はいくつかあるので、知っておくと調べるときに便利です。代表的なのが、公法と私法です。前者は、行政と国民の間の権利義務関係について定めたもので、後者は私人間同士の権利義務関係について定めたものです。また、刑事法、民事法というカテゴリーの分け方もあります。刑事法は公法に属していますが、犯罪を扱うという点で独自性があります。そのため、独自の分け方を用いる意味があります。民事法は、私法とほとんど同じようなカテゴリーです。その他にも、細かく法律の分類をすることができるので、覚えておくと学習しやすいです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 民法と法律の分類について All rights reserved