簡単な防犯対策で子どもの通学を守る方法

通学 防犯

子どもの通学時の防犯対策として、よく地域の方で見守りを行っているのを見かけます。これはとても有効な防犯対策で、地域と常に連携して防犯対策を行っていくことは大切です。一方、大人の見守りに頼ってばかりでなく、子ども自身がいざという時にどう対応すべきか学んでおくことは最も簡単で必要なことと言えるのではないでしょうか。不審な人に付け回されたら、子ども110番の家に駆けこむ、危ない時には防犯ブザーを鳴らして逃げる、道を教えてほしいなどと声を掛けられても一緒についていかないなど、親子で常日ごろ話し合っておくことが大切です。また、通学ルート以外は歩かない、できるだけ一人になる時間をつくらない、人通りの少ない道は使わないというように、簡単にできることから親子で決めておくことをおすすめします。

通学に取り入れやすい防犯グッズのご紹介

通学時の最もポピュラーな防犯対策として、防犯ブザーがあります。いざという時に大きな音を鳴らして相手を撃退、気がそれた瞬間を狙って逃げます。子ども自身もランドセルに防犯ブザーをつけることで防犯への意識が高まります。親子で使い方を学んでおきましょう。紐を引っ張ることで大きな音がなる防犯ブザーにはいろんなものがあり、雨の日でも安心してカバンに付けておける防水タイプや、帰りが遅くなっても夜道も安心な反射板がついたタイプやライト付きのタイプ、お気に入りのキーホルダーのようなかわいいデザインのものなどもあります。毎日の通学に持っていきたい防犯ブザーはお子様のお気に入りを選んでおくとよいです。いざという時に電池切れということのないよう、電池の残量はこまめにチェックし、管理してあげましょう。

通学時の防犯対策のひとつはコミュニケーション

不審者が声をかける、連れ去りなど、街のあちこちで不審者情報は聞かれます。子どもを狙った犯罪は多くなってきており、毎日の通学が心配な親御さんも多いです。地域の見守りや防犯グッズだけで安心してはいけません。最も大切なことは家族のコミュニケーションです。子どもはだんだん行動範囲が広くなっていきます。最初は気を張っていた通学も、仲良くなってくると寄り道をしたり、学校帰りにお友達の家に立ち寄ったりしがちです。また学年が上がってくると、部活動などで帰宅時間がまちまちになったり暗い時間になってしまったりすることもあります。そんな環境の変化に対し、子どもの成長に合わせたコミュニケーションで防犯対策をしましょう。中には心配しすぎてしまう親御さんも多いものですが、日ごろからしっかりコミュニケーションをとり、行動パターンを把握することも防犯のひとつです。ぜひいますぐ実践しましょう。