自動車に関する法律

自動車に関する法律について

自動車に関する法律の分類

自動車に関する法律の分類は、行政法規的な面と、刑事法的な面が存在します。例えば、違反をして免許を取り消すという場面は、それは行政処分に当たるため、行政法分野となります。一方、運転をして相手に損害を与えてしまって、罰則を受けるという場合は、刑事法的な面があります。ただ、罰則に関しては、行政罰と刑事罰の区別が明確ではないため、あまり大きな違いには感じませんが、罪を犯したことに対する制裁の目的が両者では異なります。法律はこのように、一つの分野でも複数の観点から分類することができるのが大きな特徴となります。

法律の分類を正しく知って活用

法律と一口に言っても、様々な種類の法律があります。そこで、その分類について正しく知っておくと、いざという時に役に立ちます。1、公法国家機関が関係するものです。なかでも憲法は全法の王様、根本です。国家権力を規制し、国民の人権を守ることを目的としています。そして、刑法は、規定されたことに反する行為をすると、国家機関によって刑事罰を与えられるというものです。ほかに、訴訟法や行政法などがあります。2、私法国家機関が介入しない、個人間の紛争に関係するものです。代表的なものは民法で、個人間の損害賠償請求などをする際の根拠法です。ほかに、ビジネス上の紛争について定められた商法などがあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 民法と法律の分類について All rights reserved